転職は最初が肝心

転職は最初が肝心

前職の会社の規模がその後の転職を左右する?

 よく私は転職をしたことのある人と話をしますが、この転職というものは新卒で入った会社が非常にこのあとの転職できる会社に関わってくるらしいです。

 

 また、新卒で入った会社が本当に良ければ結果を残していなくても結構容易に転職できるみたいです。このことを考えると最初の新卒で入った会社が良ければ次の転職先もあかるくなり、逆に新卒で入った会社が悪いと転職も狂うするとのことです。

 

 また、これは営業となると変わってきますが、ほとんどの場合はこの新卒で入った会社がかなり重要です。営業の場合はお客さんが多かったりすると転職でも有利に働くとのことです。

 

 

キャリアアップを目指すなら転職という選択も必要

 

 私はこの転職というものは今後の自分自身のキャリアを考える上ではかなり重要なものだと思います。また、転職をして成功するという人はあまり見かけませんが、自分のキャリアを向上させるにはかなりこの転職というものが必要になってくるとかんじています。

 

 なので転職を考える人はまずは新卒でいい会社に入ることが前提条件となります。また、転職して給料アップにつながっている人も大体はいい会社にいた人が多いというのが現状です。

 

 このように転職といっても自分自身の夢を叶えるにはそれなりの就職先がかなり重要になってきます。そのため、学生の頃のダメだった自分を取返すには今働いている場所で結果を残す必要があります。

 

 転職を考えている人はこれらで書いてきたことをしっかりと頭に入れて転職を行って欲しいです。

ホーム RSS購読 サイトマップ