福祉関係職のなかで介護職に転職するメリット

福祉関係職のなかで介護職に転職するメリット

介護業界は人手を求めています

 

 福祉関係職には社会福祉士や精神保健福祉士や社会福祉士や保育士などの仕事がありますが特にお勧めなのが介護福祉士の仕事です。日本は団塊の世代の高齢化で今後も介護施設で働く介護職の需要が高まるといえます。

 

 介護職はどこの施設でも不足している事もあり、どの年齢層からでも転職が容易です。一般企業の場合は30歳を過ぎたら就職が難しくなりますが介護職なら30歳や40歳を過ぎても資格とやる気さえあれば勤める事ができるからです。

 

 

介護業界で必要とされる能力は?

 

 介護職は高齢の利用者様のお世話をするのでコミュニケーションも大切になってきます。

 

 コミュニケーションは社会人経験が多いことがプラスになる事もあるので50歳の人でも高齢者と信頼関係が持てるなら年齢はむしろメリットになる事があるからです。

 

 また、介護職は仕事が重労働なので離職率が高いのも一般的です。その中で長く勤める事ができれば他の業界よりは比較的短期間でリーダーや主任への昇格も可能です。

 

 体力的にしんどい仕事ですが頑張り次第では責任のある役職になれるチャンスもあるので介護職は夢がある職業とも言えます。

 

 

介護職の勤務形態と給与とは?

 

 勤務形態については早出や日勤や遅出や夜勤がありますが夜勤は1回につき手当が5000円程度支給されるところが多いので回数を増やせば給料を増やす事も容易です。

 

 基本給は他の業種よりも低めですが介護福祉士の取得や夜勤手当や役職手当などで給料アップも狙えるのでやりがいはあります。

 

 また、利用者からは介護のたびに感謝される事も多いのでは働いていると嬉しい事も多いのが特徴の仕事です。その為に毎日が同じ業務で退屈していた一般企業の人が転職されて介護職になる人もいるくらいです。

ホーム RSS購読 サイトマップ